大体は好きな映画について書いています
2012/ 2/ 5   ロボジー 落語みたいな、安心して「芸」を楽しめる映画だ
2011/11/14   猿の惑星 創世記 物語を丁寧に作ろうという意欲は感じる
2011/ 7/ 1   ブラック・スワン 怖くて美しい、芸術家の理想型
2011/ 4/26   キック・アス 殺伐とした異常さのブラックコメディ
2010/ 9/30   ソルト 都会版トゥーム・レイダーか?荒唐無稽にもほどがある(笑)
 普通、映画というのはフィクションです。荒唐無稽なSF映画もあれば感動の名作、非常にシリアスな哲学的な映画もありますが、 いずれも創られた世界の物語です。映画を見たときに、あとから考えれば「そんなことはないよな」と思えるような映画でも、 観ている間はその映画に浸れて「映画のマジック」を感じさせてくれる映画、言いかえれば上手にウソをついてくれる映画がいいですね。
 好きな映画はいっぱいあります。だからベスト10というような順番はつけられません。だって、その10本だけ観れば満足かというと、 そうじゃないからね。それに、映画を観続けていれば好きな映画が増えていきますからね。
 そこで、点数をつけたりしないで映画についての感想、思いを書き連ねる事にしました。中にはトホホな映画も入っていますけどね。
 映画のタイトルは一応日本公開時のタイトルにしています。また、感想はネタばれお構いなして書いておりますのでご用心下さい。
 さらに、ネットワーク社会ではプロの評論家さんたちではない一般の方々の感想や批評を目にする機会が多くなりましたが、 掲示板などで自分の意見と違うからと言ってやたらとカリカリしている人を見かけます。ここを読んでも怒ったりしないでね。
 ここに書いているのは映画館とDVD、LDで鑑賞した記録です。私、この時代においてもビデオデッキを持っておりません。
DVD/HDDレコーダを購入したので、NHK-BSでの放送を少しずつ録画しています